FC2ブログ
 

富士山三昧(のはずだった)ツーリング (10/8)

富士山三昧(のはずだった)ツーリング (10/8)

3連休の中日。天気予報は日本列島北から南まで晴れマークのオンパレード。絶好のツーリング日和です。秋の濃い青空を背景にきらめく富士の雄姿を思い描いて富士山三昧ツーリングを計画しました。


関越道~圏央道~中央道と乗り継いで、相模湖ICでアウト。途中どこからも富士の姿が見えなかったので何やら嫌な予感・・・。






DSCN6454.jpg

K76からR413(道志みち)を快適に走らせます。道の駅「道志」の少し手前で富士の頂きを確認してホット一安心。




DSCN6459.jpg


DSCN6461.jpg

定番のパノラマ台。

いやいや本日も絶景なり。ちょっと雲が多いのが気になりますが、相変わらずお美しいことこの上ありません。素晴らしい景色を味わいながらラーメン・アンド・コーヒーの朝食を戴きます。





DSCN6462.jpg
と・・・あれ?富士山がない!
ラーメンを食べている間に、その端正なお姿は雲の後ろにお隠れになられました。富士の全景を堪能できたのは、実にほんの5分程度。なんと!
しかし、しかもその5分が本日唯一の5分になるとは、まだこの時はつゆとも思っていなかったのでした。







DSCN6466.jpg

二十曲峠に登っても、富士は雲の中。






DSCN6468.jpg

富士を背景にコスモスが咲くはずの花の都公園も撃沈。

下がる下がるテンションを、どうにか前進する気力を生じさせる程度には持ち上げて、次に向かいます。







富士山スカイライン。
霧のむせぶワインディングでしたが、「きっと五合目は雲の上に違いない!」と折れそうになる心を無理やり励ましながら登っていきます。







DSCN6475.jpg


171008houeikakou.jpg

今回は宝永山の火口まで歩くことを楽しみにしていたので、実行します。

と、どうでしょう。奇跡的にところどころ青空が顔を出し始めました。色づき始めた葉と青空の組み合わせが美しいです。こうでなくちゃ。



DSCN6478.jpg

宝永第二火口付近。




DSCN6481.jpg


DSCN6485.jpg

宝永第二火口付近。
ここから火口内部を横切るように対岸に渡り、登り切ったところが宝永山の頂上になるようです。次回のお楽しみ。



DSCN6492.jpg

6合目に戻る道。山腹をトラバースします。



171008houkeikakou2.jpg




DSCN6504.jpg





DSCN6506.jpg



火口までのハイキングは、1周およそ50分程度。樹林帯あり、富士山らしい砂礫地あり、火口の眺めよしと中身の濃い50分の散策。さほど上り下りは無く体力的にもきつい道ではない割に、富士登山気分がちょっと味わえました。おススメです。






DSCN6511.jpg


DSCN6513.jpg


DSCN6514.jpg


DSCN6515.jpg

5合目付近は紅葉もかなり進み、秋らしい景色が広がっていました。




さて、K72、K71と富士山麓を回ります。空は晴れて日差しも眩しいのに、そこにあるはずの富士山の姿はやはり雲の中。富士山の周辺だけ雲が沸いているようです。トホホ・・・なってこった。富士山メインの景色は諦めて甲府盆地に抜けることにしました。




DSCN6517.jpg

本栖湖も背景の富士が無ければ、そこらの湖と変わらないな、なんて言ったら怒られますかね。




DSCN6524.jpg


DSCN6523.jpg



DSCN6519.jpg

赤石温泉。
手作り感満載の施設とまっ茶色の湯。不思議な雰囲気の温泉でした。








DSCN6528 (2)
南アルプスICから中部横断自動車道に上がって韮崎で降り、その後は茅ヶ岳広域農道、K610、信州峠とつなぎました。






DSCN6530.jpg DSCN6533.jpg


DSCN6539.jpg


DSCN6540.jpg


DSCN6543.jpg

信州峠付近では、木々が午後遅くの斜光線に照らされて色づきを増すのでした。


その後は、R141を北上、佐久から上信越道、松井田妙義から下道で帰宅。

富士周辺は、当然ながら、その素晴らしさが富士山が見えるか否かに懸っているツーリングエリア。したがって天気予報には十分に留意して実行すべきで(ましてや群馬からの遠征ですから。)、そうしたはずですが・・・やられました。


4:30発、19:10帰宅。走行約530km。


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

こんばんは、
ツーリング&登山、私は15分程度で大満足状態が続いてますが、
50分コースでも緩やかそうなお話しなので挑戦してみたくなりました。
パノラマ台からの景色は幻想的な雰囲気もあってこれはこれでいい感じですね
しかし、これっきりだったとは残念、この連休は中日と最終日の天気予報が逆だったような?、
こういう雲は予報しづらいんでしょうかね?、信州峠付近の景色も秋の始まりを感じます。
だいぶ日が短くなって来て、これからどんどん寒くなって行きそうですね、

NoTitle

こんばんは

富士山・・・本当に難しいですね
Rockyも何度も言ってますけど、奇麗に群れる事は
まれです・・・時期的な事もあるでしょけど、奇麗な時は
凍結とかありますからね~
それにしても、途中登山が入って500km越えは
あっぱれですね。

宝永火口

h37さん、コメントありがとうございます。
全く、天気予報にはがっかりです。確かに翌日の方がましだったような気もしますね~。
宝永火口縁までの1周約50分のハイキングコースは、ほんとおススメです!
今回のように今一つの天気でもなかなかの迫力でした。晴れているときの写真を見ると何倍も圧巻です。月面にでも着陸したかのようですよ!

長距離ツアラー

Rockyさん、コメントありがとうございます。
私ははるばる群馬から遠征してますので、富士山が見えないと、それはもうホントガッカリです。
それだけに、天気予報は十分に確認していったはずなのですが・・・。
天気予報とは別に、富士山や主要な山々の展望予想などがあればいいといつも思います。
Vストはラクチンバイクで500kmは結構余裕です。市街地、峠、高速、(少々の)ダート、と道を選ばず長距離を楽に走れる、私の使用目的にピタリ合ったバイクです!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索