FC2ブログ
 

春の南東北ツーリング(4/28~30) その4

春の南東北ツーリング(4/28~30) その4

十二分に満喫した蔵王を後にして、本日2番目のステージへと移動します。R13、東北中央自動車道の山形上山IC、山形JCT、山形自動車道西川ICと走り、山形市や寒河江市の市街地走行を回避しながらリエゾン終了。


DSCN7524.jpg

西川ICからはR112に乗り換え、湯殿山を目指します。R112はのんびり走るのにぴったりな長閑な道。特に著名な観光地があるわけではありませんが、沿道の何気ない風景がとても美しく心が安らぐ感じ。




DSCN7527.jpg

新緑と残雪の月山湖。



大暮橋の手前で、R112は2方向に分岐。一方は高速道路のようなバイパス。他方は旧道「六十里越街道」です。旧道の方は弓張平までは通行可とあったので、行ってみましたが・・・。

DSCN7538.jpg




DSCN7528.jpg

これが、大正解!


DSCN7530.jpg



DSCN7532.jpg



DSCN7534.jpg


DSCN7536.jpg


DSCN7537.jpg

なんて静かできれいなところでしょう。いくつかある建物はまだ半ば雪に埋もれています。訪れる人も無く静かで、エンジンを停めた後に聞こえるのは鳥のさえずりだけ。そして、一面の雪原とその向こうには月山の秀麗な姿。あまり話題に上らない場所のようですが、この景観は一級品ではないでしょうか。






DSCN7539.jpg



DSCN7541.jpg



DSCN7542.jpg

弓張平をピストンした後、パイパスで北に向かいます。本来まだまだ雪の下のはずなのに、無理やり除雪して通したような、深い深い雪山の中の・・・高規格自動車道。








DSCN7544.jpg

途中、標識に従ってR112をアウト。途端に細くなった道を湯殿山に向かいました。

ちょっと心細くなるくらいに細くなってきた頃に現れた「湯殿山道路」の料金所。路面状況を伺ったところ、全く問題無しとのことなので、安心して料金200円也を支払ってゴー!




DSCN7545.jpg

両脇の雪はますます深くなっていきます。




DSCN7546.jpg

突然、行き先の山の中に巨大な赤い鳥居が現れたのには驚きました。




DSCN7550.jpg



DSCN7553.jpg

湯殿山参籠所でした。
修験者の方がここに籠って祈るのですね。宗教心の無い私には何も感じられませんが、厳粛な気持ちになる方も多いのでしょう。

私などは、知らずに数百メートル先の本殿までバイクで進んでしまい、注意される始末。不心得者です。

でも、やっぱり進入禁止の案内は無かったなぁ。







DSCN7558.jpg

さて、R112バイパスに戻り、再び北進します。ツーリングマップルではこの辺から「月山道路」と付けられているようですが、その名の通り、月山や山麓の伸びやかで雄大な形式を堪能できる気持ちのよい道でした。



DSCN7556.jpg
残雪とブナの新緑。群馬で言えば尾瀬の近くの坤六峠にでも登っていかないと見られないような組み合わせが、高規格自動車道の両脇にずっと続いています。これには興奮しましたが、如何せん高規格道路なので、停車&撮影には神経を使います。






DSCN7559.jpg

湯殿山ICから山形自動車道に乗り、鶴岡市街をバイパスして日本海東北自動車道の庄内空港ICでランディング。今日の泊りは、これもその道で有名な「庄内夕日の丘キャンプ場」。使用料400円で、この立地、この施設。もう何も言いません。よろしくお願いします。

ただし、昨日と同じ、それが故に混雑は避けられないようです。シーズン中は早めの到着必至(今回3:30に着いた時にはすでに良い場所は満杯!)。


今日もまた素晴らしい1日でした。


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索