FC2ブログ
 

残雪の六十里越(5/26)

残雪の六十里越(5/26)

晴れマークに埋め尽くされた5月の土曜日に出かけない手はあり得ません。

今朝も4時起き4時半スタートの朝駆けを敢行、一路北を目指しました。

意外に雲の多い群馬の空も、国境(三国峠)の長いトンネルを越えれば、そこは・・・快晴だった、となるに違いないと期待しましたが、残念、相変わらずやる気のない空模様。

おいおい、天気予報どうなってる?



DSCN7674.jpg

小出からは、森田さんの最新本の表紙を飾る「魚沼北部広域農道」を目指しました。





DSCN7677.jpg

途中、魚沼の水田地帯の向こうにそびえるのは、越後の名峰、越後駒ケ岳と中ノ岳。



DSCN7679.jpg



DSCN7680.jpg

上原高原。

高原と言ってもとても小さなものでしたが、なかなか良い景色です。

しかし、残念ながら、目指す広域農道は通行止め。




180526rokujyuuri1.jpg

国道252に戻り、六十里越の峠を目指します。

道路と並走するのはマニア垂涎(?)の只見線。



DSCN7688.jpg

大白川から少し寄り道してK385に進入。何せ有数の豪雪地帯、どこまで道が開いているか分かりませんが・・・。





DSCN7691.jpg

予想外にどんどん進み、浅草岳の懐奥深くに進入していきます。

しかし、エコミュージアムを過ぎたあたりでついに道は残雪の下に。




DSCN7692.jpg

残雪とブナの新緑の美しい道を引き返します。



DSCN7697.jpg

青空も見え始めると、景色はいよいよ爽やかに。



DSCN7702.jpg







180526rokujyuuri2.jpg

さて、国道252に戻り、いよいよ峠越えを目指します。



DSCN7706.jpg



DSCN7707n.jpg

クジラの体内に飲み込まれるように、たくさんの長いスノーシェッドをくぐり抜けます。


DSCN7711.jpg

そして、県境の六十里トンネルを抜けると、田子倉湖を見下ろす絶景が!




DSCN7716.jpg

スノーシェッド越しの田子倉湖。

雪解け水はシェッドの上をジャンジャン超えていきます。



DSCN7718.jpg



DSCN7720.jpg



DSCN7721.jpg

シッェドの上を水が流れるのは仕様なのでしょうか?結果的にそうなってしまったのでしょうか?


DSCN7722.jpg


DSCN7728.jpg


DSCN7731.jpg


DSCN7732.jpg





DSCN7738.jpg

うん?!突然の車列と賑わい、なんだ、なんだ?

みなさん、長いレンズを付けたカメラを担いでらっしゃいますが・・・。


DSCN7739.jpg

なるほど、お目当てはこれですね。

湖上を走る只見線ですか。

実はここに来るまでもところどころ、撮り鉄の方がカメラを構えてましたが、ここがベストスポットということでしょうか。



DSCN7741.jpg



DSCN7742.jpg

只見沢橋周辺もカメラマンで賑やかです。



DSCN7744.jpg

先ほどの湖上橋を上から俯瞰する場所発見。でも、駐車スペースは無いのでバイクしか停められません。そのせいか誰もいませんでしたが、この構図なかなかいいと思うんですけど、撮り鉄の方、どうです?




DSCN7752.jpg

無事に峠を越えました。



180526rokujyuuri3.jpg

只見駅にて、撮り鉄の皆さんが待ちわびている列車に遭遇。静かに発車を待っていました。残雪と新緑の只見湖によく似合いそうな色合いです。




只見からR289で田島、R121で山王峠を越えて関東に戻りました。

そして、依然から入ってみたかった湯西川温泉に寄ってみました。




DSCN7754.jpg


180526rokujyuuri4.jpg

左上の写真に写っているのが目当ての露天風呂でしたが・・・。

御覧の通り超開放的。橋の上から丸見えです。今一つ踏ん切りがつかず、対岸の金井旅館にお世話になりました。かすかに硫黄臭のする湯。私にはやや熱めでしたが、疲れと眠気を取るにはちょうど良かったかもしれません。風呂全体の印象は鄙び&レトロ感十分、マニア向けでした。





DSCN7760.jpg




DSCN7763.jpg


DSCN7765.jpg


DSCN7767.jpg


その後は、大笹牧場、霧降高原道路、日光とたどり、R122を南下して、一路我が家を目指したのでした。


本日の走行 約490km。平均燃費 30.34km/l。この頃やけに燃費が良いのはなぜ・・・・?

帰宅時オドメーター 34294km。


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

こんばんは

こちらの方面にも行って見たですね~
いつもながらの絶景&温泉、写真を見てるだけで、
行った気になっちゃいます・・・(笑)

NoTitle

おはようございます。
このコースもこの季節は最高ですね!色々横道にも寄られて
なかなか楽しそう・・・上原高原も良い感じです。
流石豪雪地帯、まだ残雪で通れない場所もあるんですね。
また、行きたくなってきました!!
それにしても燃費が良いですね。

NoTitle

Rockyさん、こんばんは。
六十里越え、なかなか良かったですよ~。
6月になれば、今度は奥只見湖の樹海ラインが開くと思うので、
つゆの晴れ間をねらって行ってみたいと計画中です。

NoTitle

h37さん、こんばんは。
残雪の六十里越え、なかなか良かったです~。
以前h37さんもレポートされてましたよね!
燃費良好の理由は、少々エコランを心掛けているためだとは思うのですが、それにしても大きく変わり過ぎるのでちょっと???です。AZオイルも一因かな?
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索