FC2ブログ
 

チェーン&スプロケット交換(7/14)

チェーン&スプロケット交換(7/14)

もうしばらくは大丈夫だろうと考えていたチェーンですが・・・。
場所による張り具合の差がかなり大きくなってしまったことと、Oリングの破損を数カ所見つけたので、夏のロングツーリングを前に交換することにしました。寿命は35000kmでした。



CIMG1362.jpg

用意したパーツは次の通り。

チェーン
DID 520VX2 シルバー ZJ 116コマ \9921
※純正同等品と思います。

※この型のVストローム650は海外と国内仕様でチェーンサイズが異なるので要注意なようです。海外仕様は525、国内は520。理由は不明ですがダウンサイズにコンバートされてます。チェーンメーカーの適合表でも海外仕様の525が表記されています。純正として採用されているDIDさえ、HPの適合表で525と表記しているのにはビックリ。どうなんでしょうこれ?問題じゃないですか、DIDさん?


フロントスプロケット
SUNSTER 325-15   \2938


リアスプロケット 
SUNSTER RS-110-44  \7369


全てWEBIKEで購入。この他にに送料が\760かかっています。なるべく近隣の用品店を応援したかったのですが、在庫が無く、注文は時間がかかるのと面倒なのとで、今回も通販を利用してしまいます。値段も安いですし・・・。






CIMG1363.jpg

手順1 フロントスプロケット交換

スピードセンサーなどスプロケ周りのパーツを外し、エンジンスプロケットナットのロックワッシャを平に寝かせます。


CIMG1365.jpg

スプロケットナットは32mm。ソケットは先日仕事帰りにアストロプロダクツで購入しておきました。


CIMG1366.jpg


リアスプロケットに角材を噛ませ、ギアはローに入れ、600mmのスピンナハンドルで気合い一発、エイヤッ!

と・・・カツンとくるかと思ったら、グニュ、という感じで弛んだのでなんか拍子抜け。

CIMG1369.jpg

取り外した純正スプロケット。見たところ摩耗は見られませんが、チェーンとスプロケットはセットで交換がセオリーということですので交換。エフロクも同様でしたが、純正品は硬質ゴムのようなものが全周に付いています。騒音対策でしょうか?


CIMG1373.jpg



スプロケットを新しい物に交換し、ロックナットを締めます。角材の周り止めではグニュッとなりますので、きちんと締まったのか不安です。おまけに、手持ちのトルクレンチでは32mmのソケットが使えなかったので、勘頼みです。でもまあ、600mmのスピンナハンドル+ネジロック塗布+ロックワッシャーですので大丈夫とします。







CIMG1374.jpg


手順2 リアスプロケット交換

リアホールを外し、旧スプロケットを撤去。この純正スプロケット、全くデザインされていません。Vストを国内販売する時に、いくつか騒音対策を施したらしいのですが、このスプロケットもその一つでしょうか。




CIMG1376.jpg

純正、930g。


CIMG1375.jpg

サンスター、ジュラルミン製。300g!


新しいスプロケットはジュラルミンです。軽い!思わず計量したくなるほど軽い!300g。実に純正の3分の1です。バネ下ですから、この差は大きいのではないでしょうか。






CIMG1379.jpg




手順3 チェーン交換

CIMG1386.jpg


まずは旧チェーンを切断します。切断といってもホントに切るのではなくて専用工具でピンを抜きます。南海部品製のこのチェーン工具、前回は4年前、前車エフロクで使用しました。今回で2度目です。なかなか使いやすいですが、ガイド類はアバウトですのでノギスの併用が必要と思われます。



CIMG1380.jpg

この作業は必須では無いようですが、工具の保護のためグラインダーでピンの頭を落としておきました。



CIMG1387.jpg

工具を使ってピンを抜きます。


結束バンドで旧チェーンに新チェーンをつなぎ、ゆっくりタイヤを1周させると、ハイ、新チェーンに置き換わりました。


CIMG1390.jpg

次にプレートを圧入します。

工具をそれ用に組み替えて圧入用のネジを締めていきました。ガイドプレートが当てにならないことは前回学習しているので、ノギスでピッチを測りながら慎重に作業を進めました。

外側プレート間は16.7mmになっているのでこの数値を目安に締めていきます。


が・・・うん?締めても締めても表示が16.8mmのまま。おかしいぞ、と気づいた時は手遅れでした。なんとデジタルノギスの表示がHOLDされたままだったのです。改めて測るとすでに16mmを切っており、見るとOリングがつぶれてヘルニア状態。やってしまいました。トホホ・・・。


仕方なく一端作業中止。用品店にパーツ探しに行くはめに。まあ酷暑の中の作業で疲れたので休憩だと思うことにします。そいえば前回エフロクの時も失敗したっけ。その時はカシメで締めすぎたのでした。

さて、用品店を3軒回ってようやくゲット。在庫があって良かった・・・。

再挑戦。慎重に締めてほぼピタリ16.7mmに。





CIMG1394.jpg

次はカシメです。
前回はカシメ過ぎて失敗しました。その教訓を生かし、少しずつ慎重に締め、逐一ノギスで先端の広がり具合を測定しました。5.4mmに広がったところ(カシメ前5.0mm)で完了としました。




CIMG1395.jpg

作業終了。
まずは後輪を手で回してみてビックリ。ほとんど音もなくスーと回ります。なかなか止まりません。交換前、カラカラカラという音とともにちょっと重たそうに回っていたのとは雲泥の差。もっとも、エンジンの駆動力がかかれば関係の無い位の差異かも知れませんが。

気になっていたチェーンの張りムラも、もちろん解消。どの部分でも一定の張り具合です。

見た目的にも新しいチェーン&スプロケットが光っていて気持ちいいですね。今回のチェーンはシルバーメッキのタイプですし、スプロケットも多孔のジュラルミン製ですので、黒いパーツの多いVストの足回りが少し華やかになった感じです。


久しぶりの大きなメンテナンス。大汗をかきながらの半日の作業でしたが、きれいに仕上がったチェーン&スプロケットを見て大満足です。明日の試走が楽しみです。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

こんばんは

酷暑の中、チェーン交換作業お疲れ様でした。
毎度の事ながら、高度な作業にあっぱれです。
チェーンの交換時期って、中々見極めがつかいない
のですが目安みたいな物ってあるのでしょか?
明日の試走も楽しみですね。

NoTitle

Rockyさん、こんばんは。
作業の実際は、考え考えながら、失敗しながらで、全然高度ではないんですよ~。
取り外したチェーンが想像以上に痛んでいたのを見て、チェーンの寿命って案外早いかもしれないと、今回思いました。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索