FC2ブログ
 

夏の北東北ツーリング (4日目) 前編

夏の北東北ツーリング (4日目) 前編

4日目 7月30日(月曜日)

4:00起床。昨晩はシュラフに潜り込むくらいに涼しく、かつ静かで熟睡しました。やはり夏のキャンプ場選びは標高の高いところに限ります。



2018iwakiseisyonennkyannpu1.jpg

昨晩の夕焼けはこのピーカンの空を予告してくれていたわけですね。いよいよ旅も佳境に入る今日この演出とは、今回、天気の女神に愛された自分を感じます~ありがとう!


朝のキャンプ場を少し散歩してから、朝食、撤収、出発準備。
今日走るのは、今回のツーリングのクライマックスとも言えるルート。それは、十和田湖周辺から八幡平アスピーテラインへと続くライダー垂涎の名道達です。



2018iwakisannsyuuhenn.jpg

マイフェバリット・キャンプ場に間違いなく登録された「岩木青少年スポーツセンター」を後にして、東に下っていきます。




DSCN8252.jpg


DSCN8265.jpg


DSCN8263.jpg

弘前南部広域農道。通称「アップルロード」の名の通り、一面のリンゴ畑の中を走ります。振り向くと、雲一つ無い濃い青い空を背景に岩木山の端正な姿。


大鰐ICから黒石ICの一区間だけ東北自動車でワープして弘前の街を迂回。R102を八甲田山に向かいます。




DSCN8271.jpg

大きなアーチ橋だと思ったら、やはり一介の橋ではありませんでした。国内最長のアーチ橋だそうです。城ヶ倉大橋。御見それしました。



2018oohashi1.jpg

橋の周辺は展望が開け、平地を埋める雲海と、そこに浮かぶ山々を望むことができました。




DSCN8311.jpg

八甲田山は北側を回ってみることにしました。R103からK40につなぎます。道はずっと樹林のトンネル。道路の上まで覆ってしまうような鬱蒼とした樹林のトンネルは、関東や中部地方ではあまり見た覚えがありません。何故なのでしょうか。




DSCN8274.jpg

鹿鳴庵で八甲田山を眺めながら一休み。まだ早朝なので誰もいません。近くには雪中行軍遭難者の像があるはずなのですが、見つかりませんでした。リサーチ不足です。それどころか、この場所やこれから進むK40が、あの遭難事件のまさに現場だったことを、その時は知りませんでした。己の不明を悔やむばかりです。




DSCN8276.jpg

田代平からは八甲田山がすぐそこに迫ります。


DSCN8277.jpg


DSCN8280.jpg

伸びやかな道を気持ちよく走ります。

青森ですし、早朝ですし、標高高いですし、メッシュジャケットを通して体に当たる風が、涼しくて爽やかで快適なことこの上なしです。







DSCN8282.jpg



DSCN8299new.jpg



2018oirase1.jpg



DSCN8293.jpg

奥入瀬渓流。
日本有数の観光地と言えども、さすがに月曜日の午前9時前、がらがら、静かなものです。好きなところにバイクを停めて眺めたり、シャッターを押したり、気に入ったところはUターンして繰り返し走ったり・・・。まさに早起きは三文の得。




DSCN8303.jpg

突然視界が開け、真っ青な湖面が目に飛び込んできました。十和田湖です。
今回は、右折して湖岸を巡ってみます。




DSCN8305.jpg

湖の北側は、カルデラを形成する外輪山の尾根筋に道が付けられていました。その最高部の御鼻部山には展望台がありました。
なかなかの絶景です。湖面が鏡のよう。雲があればそこに映りこみそうなのに、と考えるのは贅沢過ぎですね。
説明板によると、湖の最深部は二つの半島の間。そこは、えぐれるように深くなっているのだそうです。


DSCN8273.jpg
湖岸の道は、今日これまでのルートで見慣れてきた樹林のトンネル。




DSCN8323.jpg
発荷峠。
こちら南岸。正面が先ほどの御鼻部山でしょう。こちらはメインの国道沿いなので寄りやすいですが、眺めは御鼻部山の方に軍配が上がるようです。それもそのはず、似たようなロケーションですが、あちらは標高1011m、こちらは631m、倍近く違いますから。



DSCN8320.jpg

十和田湖はいろいろな表情があるようです。

(続く)

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

こんばんは

何とも内容の濃い前編でした・・・
って濃すぎるから2部になっちゃったんですね(笑)
後半も楽しみにしております<(_ _)>

Rockyさん、こんにちは。
八甲田山、十和田湖、そして八幡平、聞きしに勝る最高のツーリングルートでした。後半もよろしくお願いします!

NoTitle

こんばんは、
素晴らしい東北ツーリング、まだクライマックス前編とのことですが、
最高のタイミングでしたね、天気が味方してます!!
青と緑が次々と織りなす素晴らしい景色、走っていてさぞ気持ちよかったことでしょう・・・
静かな奥入瀬・・・平日の朝方ということで羨ましい限りです。
こういう記事を読むとキャンプツーリングも憧れてしまいます。
それにしても素晴らしいツーリング・・・後半も楽しみです!!!

NoTitle

h37さん、こんにちは。
天気にも恵まれ、東北北部ツーリング、最高でした!
キャンプツーリング、オススメしますよ~。
予約などいらない自由さ、自然との一体感、テントに泊まるという非日常体験・・・その他
バイクツーリングにはぴったりだと思います。
でも、はっきり言って疲れます・・・・・。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索