FC2ブログ
 

乗鞍岳と両神山

乗鞍岳と両神山

にわかに100名山ハンターとなった妻に同行し、比較的手軽な山を二つ登って数を稼いできました。

100名山でもなければ、ひょっとしたらなかなか登る機会の無かった山かも知れません。しかし、登ってみると、どちらもとても良い山でした。

「日本100名山」は個人が主観で選んだものです。若いころは「他人が決めた100名山の後追い登山なんて愚の骨頂。」と切って捨ててました(すいません!)が、最近はそれもまた良しと思うようになりました。あっさり変節です。同じような人が周りにもいます。

なんなんでしょう?結局人間は権威とか評判に弱いのでしょうか?あるいは、他人とのつながりや協調を重んずるようにできているのでしょうか?はたまた、単に加齢によって拘りが無くなっただけでしょうか?よく分かりません。

何はともあれ、以下、記録です。




乗鞍岳(3026m)
 登山日  2018年 8月18日(土)
 コース及びタイム
    10:40畳平発~富士見岳~12:40乗鞍岳(剣が峰)頂上着
   13:00 頂上出発~14:30畳平着


 労せずして登れる百名山、最も手軽な3000m峰、などと揶揄される山。ましてマイカー規制でアプローチにバス乗車が必要とあれば、なかなか食指の動かない山であったが、今回、東北山行の直後であることや、娘も同行する等々の条件がシンクロ、晴れて計画実行の運びとなった。
 行ってみるとこれは素晴らしい。歩こうがバスに乗ろうが3000mには変わりなし。高山帯の雰囲気、景観、空気はさすが。槍ヶ岳や穂高連峰も雲海の上に頭を出し、足元にはコマクサやリンドウなどが咲き乱れる。ルート上に数珠つなぎに登山者が列をなしていたのは閉口したが、逆に先を急がずのんびりと歩くことができてそれもまた良しとする。
 気持ち良い気候の下、久しぶりの3000 m、久しぶりの家族3人での山行を楽しんだ。

IMG_3345.jpg



IMG_3356.jpg

チシマギキョウ(?)


IMG_3348.jpg

コマクサ



IMG_3355.jpg

トウヤクリンドウ



IMG_3342.jpg

遠景、雲の中に槍・穂高連峰





両神山(1723m)

 登山日  2018年 8月26日(日)
 コース及びタイム
  日向大谷(6:30)~清滝避難小屋(8:40)~両神神社(9:40)~
  山頂(剣ヶ峰)(10:20~10:40)~日向大谷(13:40)

☆さほど高い山ではなく簡単だろうと考えていたが、いざ登り始めてみると、標高差1050mの登り下りは意外に手強く、苦しい山行となった。
 しかし、山頂からの眺めは予想外に素晴らしかった。樹林帯を抜けるには足りない標高ではあるが、山頂は岩峰となっていて広角度の眺望が待っていたのだった。期待していなかっただけに、これには感動した。富士山、八ヶ岳、浅間山・・・。
 20年ぶりに履いたドタ靴の重さのためか、足に疲労がたまり、最後はバテバテの下山となった。



IMG_3392.jpg


IMG_3400.jpg

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

こんばんは

どちらも聞いたことのある山です・・・(笑)
若い頃は色々と尖ってたって言うかね~
やっぱり丸くなるんですかね・・・いやいや
理解度が増すのだと思いますよ~
「なら、行って見てみよう」と思いますもんね(*^^)v

NoTitle

Rockyさん、こんばんは。
「理解度が増す」、いいですね、それ!
その通りかもしれません。
両神山は埼玉県、乗鞍岳は長野岐阜県境の山です。
乗鞍岳は3000m越えの景色を手軽に味わえるので、おススメですよ~。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索