FC2ブログ
 

紀伊半島の南部沿岸ツーリング(その3)

紀伊半島の南部沿岸ツーリング(その3)

最終日。12月29日。

一抹の不安を抱えたまま夜を過ごしました。

どうやら、寒波の影響を甘く見ていたようです。

山にかかった雪雲、沿岸にも降った雨、低下する気温・・・昨日ここ白浜までたどり着く間に体験した天候の変化は、今日の帰路を不安にさせるのに十分。計画では、R311など山間部の道を戻るつもりでしたが、もちろんそれは無理。沿岸ルートを戻るしかありません。それでさえ、所々不安な箇所があります。


6時。

昨晩の雨も上がってほぼ乾いた路面に一安心しながら、まだ暗い中を出発しました。しかし、安心したのも束の間、またまた白いものが舞い始めました。それも結構な量。認めたくないけど、風花というよりもはっきりとこれは雪です・・・。出鼻を挫かれて唖然としましたが、南下すれば止むと信じて進みました。ほどなくその通りになった時は胸を撫でおろしました。


紀勢自動車道。

先を急ぐために、白浜から紀勢自動車道に乗りました。しかし、これが大失敗。路面がまだ濡れていたのです。自動車道はやや内陸を通るので雪や雨の影響が残りやすかったのでしょうか。凍結警告灯が点灯するような気温でしたから、これには正直焦りました。おまけに、片側1車線ですから、ゆっくり走っていると、トラックに追いつかれて煽られます。追い越させようと、やや広くなった路肩を見つけて寄ってみたら、なんとそこは薄っすらと白くなっていて・・・・心臓が喉から飛び出そうになりました。


DSCN9668.jpg

その後も、真っ暗な紀勢自動車道を恐る恐る走り、終点の江住ICで降りたときは、ホントにホッとしました。夜明けの海を見ながら一休み。






DSCN9683.jpg



DSCN9674.jpg



DSCN9678.jpg





DSCN9687.jpg

再び、橋杭岩。

昨日はここから昇る朝日を拝むことになろうとは思いもよりませんでした。瓢箪から駒とはこのこと。ななかな荘厳な夜明けです。





DSCN9688.jpg

あれ?海に何か漂ってる?



DSCN9689.jpg



DSCN9697.jpg




DSCN9690.jpg



DSCN9691.jpg



DSCN9693.jpg

海面から霧が立ち上っていて、なんとまあ幻想的。

思わず緊急停車!きれいです。こんな光景に出会えて運がいい!往路を戻るのも悪くないかと負け惜しみ。




DSCN9706.jpg



181229hananoaiwaya.jpg

花の窟神社。

日本最古の神社だそうです。

イザナミノミコトと、その子ヌカズチノミコトがご神体。神話の世界です。




DSCN9715 (2)

尾鷲からは冠雪した山がチラッと見えました。山間部のルートはやっぱり厳しかったですね。

あぶない、あぶない・・・。



DSCN9718.jpg

その後、那智勝浦新宮道路、熊野尾鷲道路、紀勢自動車道、伊勢自動車道(なんで名前を統一しないの?)と破線のように所々開通している自動車道路をつないで走りました。自動車道路は面白みには欠けますが、最近の高速道路らしく、トンネルと陸橋でバンバン直線的に駆け抜けますので、とにかく速い!心配していた天候も昨日ほど悪くはならず、朝のように路面が濡れることはありませんでした。





DSCN9724.jpg

11時20分、鳥羽のフェリー乗り場に到着。行きよりもさらに揺れた船に身を任せること50分。13時前には無事に伊良湖に到着。もうここまでくれば大丈夫。後は、ひたすら帰るだけ。



DSCN9728.jpg






DSCN9737.jpg

三ケ日ICから東名高速に乗り、途中の事故渋滞に巻き込まれながらひたすら走り、自宅に無事たどりついたのが20時。よく走りました。


冬のツーリングルートとして紀伊半島はとても魅力的。ただし、寒波襲来時は厳に慎むべし、これが教訓となったのでした。ホントに無事帰宅できたよかった~。


本日の走行、約680km。3日間の合計、1480km。






スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
紀伊半島ツーリングお疲れ様でした!
魅力的な場所ですね~いつの日か・・・
ってコメントにいつも書いているきがしますね(笑)
ことしもイトッチャンの行動力のあるツーリング楽しみに
してますね~!(*^^)v

NoTitle

Rockyさん、こんにちは。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
今年も、安全運転第一に、日本各地を訪ねたいと思います!

NoTitle

あけましておめでとうございます、
三日目の寒波襲来はちょっと残念でしたね、
紀伊半島と言えども冬の山間部は慎重を要します、
しかし、海からの霧が立ち上がっている風景は幻想的ですね!
私も帰路に利用した高速道はトンネルと橋でレーザービームのように
突き抜けて行き、あっという間だったのを思い出しました。

気楽に行ける場所でないですが、魅力的なコースが沢山ある紀伊半島・・・
また行きたくなりました。

NoTitle

h37さん、明けましておめでとうございます。
寒波も見くびっていましたし、紀伊半島の大きさも甘く見ていたようです。
入り組んだ海岸線をなぞる道が多いためでしょうか、なかなか前に進まない感じがしました。
でも、見どころたくさんの紀伊半島、また行ってみたいと思います!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索